福岡旅行へは飛行機を利用する

福岡旅行へ行く飛行機は今はインターネットでも格安でお得に予約が可能になっています。
その中でもスカイマークは福岡へ行くにはもってこいの格安航空となり、今まで使ってきんた航空チケットの中でも最も利用頻度の多いチケットになっています。
札幌からは1日1本、茨城からは1日1本、羽田からは1日11本、那覇からは1日4本、福岡空港への便が出ているので時間に困る事はありません。

また、インターネットやアプリなどでオンライン予約を行うと運がよければバーゲン価格でチケットを購入することができます。
片道数万円するチケットを数千円で購入できるのでかなり格安な値段での旅行を楽しむことが可能となります。
羽田からならスカイマ一クだと1時間55分で福岡空港に到着することができます。まず空港を出て、自分でホテルのチェックインを済ませます。

その後はもう自由行動をしてOKとなります。福岡は博多も有名で、2つの呼称を持つ都市、ツインシティと世界からは呼ばれている土地です。博多ラーメン、博多明太子、福岡空港、福岡タワーとそれぞれ有名なものが溢れている街です。福岡・博多で「よかもん」を探す旅に行ってみたいですね。

福岡といえば定番の旅行スポットとして、太宰府天満宮が挙げられます。天神様である菅原道真公を 祀る神社です。学問・ 至誠・ 厄除けの神様として日本全国から毎年200万人もの参拝客が訪れるそうです。そしてその裏にある九州国 立博物館も人気観光スポットです。旧石 器時代から開国までの日本の 文化の進みについて展示してある歴史系の博物館です。柳川の川下りも定番の観光スポットです。市内の掘割を縦横に流れることから水の都と呼ばれているそうです。船に乗ってのんびりと城下町を堪能することができます。

あとは福岡といえば食べ物も気になるところです。天ぷらのひらお本店は、カウンターに揚げたての天ぷらが置いてあり、ファーストフード感覚で安く早く天ぷらが食べられる人気のお店です。惣菜が食べ放題となっていて、こちらのイカの塩辛がおすすめだという話です。博多水炊きも楽しみたいところです。

水炊きの長野さんというお店が有名で、まさに王道という水炊きを味わうことができて、締めにいただく雑炊がまた格別です。長浜ラ一メンを味わいたい方には、元祖長浜屋がおすすめです。うま味がしっかりと閉じ込められたス一プは格別に美味しいとのことです。

福岡へ飛行機 格安料金で行けるスカイマークを利用して一生の思い出を作りませんか?

スカイマークの福岡行きの格安旅行ツアー

スカイマークは数多くの格安旅行ツアーを行っています。その中のひとつとして、スカイマークで行く 羽田空港からお得に福岡へGO♪5日前まで受付OK! うれしい事前座席指定無料♪ うれしい6階以上のお部屋指定♪お部屋にはバスローブをご用意「ホテルニューオータニ博多」福岡の休日2日間というツアーがあります。

この旅は24,200円から楽しめるツアーとなっていて、1泊2日の旅行となります。食事は付かないので、外で食べてくる楽しみが増えます。
ホテルニューオータニ博多へは、渡辺通駅から徒歩1分で行くことができます。チェックインの手配などは自分でする必要があります。

ホテル内はサンロゼショッピングアケードが明るくリニューアルされています。プラザ機能もグレードアップしていて広いゆとりのあるロビーでは博多祭りの山笠の絵が出迎えてくれます。客室は明るく、広々とした空間が広がっています。高速インターネットシステムが全室に無料提供されていてお得です。

渡辺通駅から1駅で天神南駅に到着します。天神地下街にダイレクトにアクセスが可能で、買い物を楽しむことができます。天神やキャナルシティといった近隣の観光はもちろん、各地へのアクセスも良い立地です。

例えば水炊きを食べにいったり、長浜らーめんを食べに出たり、明太子料理を出すお店にいってみたり、美味しいサバを出してくれるお店「きはる」に行ってみたり、ジューシーなお肉を堪能したいのなら「たんか」がおすすめです。新鮮な魚を「鮨 おさむ」で楽しんだり、ボリューミーで美味しいうどんが食べたければ「牧のうどん空港店」へ足を運んでみたりするのも良いでしょう。

旅を楽しむのであれば、白糸の滝を見に行ってみたり、スペースワールドやハウステンボスでアクティブだったりゆったりとした時間を過ごしたり、福岡城を見にいったりするのも良いでしょう。福岡のオアシスとも呼ばれる大濠公園で一休みするのも良いかも知れません。福岡ポートタワーから福岡を見下ろしてみるのもありだと思います。光明禅寺はたった200円の観覧料で落ち着いた雰囲気の庭園でゆっくりくつろぐことができます。

格安のLCCだからこその、値段を安く、旅は楽しくリッチにといった旅行ができるかと思います。帰りのチェックアウトも勿論自分で手続きを済ませなくてはなりませんが、そこは旅の中身を充実させるためには我慢できるところだと思います。

意外と知らないホテルパックがお得な訳

スカイマークのスカイパックツアーズを使って旅行すると、ランクの高いホテルに格安で泊まることができます。
ホテルに1泊を付けさえすれば、最大で帰着日を14日間延長できるツアーです。

沢山のホテルを選ぶことができて、その数はなんと45件にも上ります。
中洲川端で宿を取るのであれば、マリンホテル新館です。基本旅行代金が約2万1000円の延泊代金が約3500円と格安です。中洲川端駅の7番出口から徒歩7分という立地にホテルはあります。

天神で宿を取るのであれば、平和台ホテル天神などがあります。このホテルの基本旅行代金は約2万2000円、延泊代金が約4000円となっています。天神駅の1番出口から徒歩8分という立地にあるホテルで、ロビ一にはフリ一ドリンクサ一ビスを行っているコ一ナ一があります。

博多駅・祇園で宿を取るのであれば、コートホテル博多駅前があります。基本旅行代金は約2万2000円、延泊代金が約4000円となっています。博多駅の博多口から徒歩7分、祇園駅からは徒歩5分の立地にあります。

博多駅・博多口で宿を取るのであれば、ホテルサンライン福岡博多駅前です。オプションで和洋バイキングの朝食を取ることができます。部屋の基本旅行 代金は約2万3000円で、延泊 代金が約4000円となっています。博多駅の博多口から徒歩5分のところにホテルがあります。

博多駅・筑紫口で宿を取るのであれば、東洋ホテルがあります。ツアーサービスで、通常レイトチェックアウトの時間が11時のところ12時までとなっています。基本旅行代金は約2万2000円で、延泊代金は約3000円となります。博多駅の筑紫口から徒歩2分という立地にあります。

福岡ドーム付近で宿を取るのであれば、ヒルトン福岡シーホークがあります。オプションで和洋バイキングを通常2900円のところを1900円の価格で朝食として食べることができます。基本旅行代金は約2万7000円、延泊代金は約8000円となります。また、宿泊日別追加代金も発生し、3600円となっています。

ハウステン ボスで宿を取ることもでき、ホテル日航ハ ウステンボスに泊まることができます。長崎駅から快速シ一サイドライナ一で1時間半、ハウステンボス駅から徒歩で10分の場所にあります。また、佐世保行きハウステンボス経由の特急バスにて約60分で着くことができます。基本旅行代金は約2万8000円で、延泊代金は約9000円で宿泊することが可能です。そのままハウステンボス内を旅行できるので便利な宿泊先だと思います。

その他にも久留米や天文館、鹿児島中央駅、城山、霧島温泉、指宿、別府温泉、湯布院、熊本駅など、悩めるほど宿泊先は多く、そこがこのスカイパックツアーズの良い所でもあるといえます。

格安航空券でショッピングに費用を回す

スカイマークで福岡に着いたら何をすればいいのか、どこを巡ればいいのか。というわけで、福岡の観光名所をご案内したいと思います。
福岡といってまず思い浮かぶのが太宰府天満宮だと思います。菅原道真公を祀る神社です。学問や厄除けの神様として全国からの参拝客が跡を絶ちません。

全国から200万人もの人たちがご利益を求めて参拝に来るそうです。観光ついでにお参りなんていうのも乙なものです。そして天満宮の裏にある隠れた観光スポットが九州国 立博物館です。旧石 器時代から開国までの日本のありかた、文化についてどうであったのかを展示している歴史に関する人の関心の高い博物館となります。

能古島にある、のこのしまアイランドパ一クも人気スポットです。夏はひまわり畑が広がり、とても綺麗です。能古島自体も観光スポットとなっており、福岡市からたった10分の船旅で着く島です。まるで海外にいるかのような素晴らしい景色と素晴らしい海に心癒されることでしょう。あまり知られていないスポットなので混雑していないというところもポイントが高いのではないでしょうか。

あとは、門司港のところからの夜の夜景も素晴らしいです。港を照らすライトがロマンティックな雰囲気を醸し出していて、夜景に目を奪われること間違いなしの観光スポットです。
マリンワ一ルド海の中道も人気の観光スポットです。対馬暖流をテ一マに熱帯から温帯、寒帯の魚の暮らしぶりを自然に近い形で見ることのできるところです。

筒状の水槽など、魚を身近に感じられる仕掛けが盛りだくさんで、福岡近郊の海の生態を展示しているので、ここでしか味わえない楽しみが人気の秘密です。
福岡タワーも行ってみたい場所のひとつです。福岡市で初めて恋人の聖地として認められた場所になります。海浜タワーとしては日本一の高さを誇り、タワー内にはレストランやラウンジなどがあり、特別な思い出を残すには最適な空間となっています。

訪れるなら是非ライトアップされている夜をお勧めいたします。
これぞ観光というスポットとしては、白糸の滝があります。高さ30mで県の名勝に指定されている場所で、真っ白なしぶきを上げて落ちる水流の迫力を是非近くで味わってみてほしいところです。

このように福岡には魅力的な観光スポットが沢山あります。スカイマークで福岡旅行に行く際には訪れて置きたい場所は沢山あり、どこへ行くのか迷うのも旅の醍醐味かもしれませんね。

福岡空港のスカイマークカウンターはどこ?

福岡空港のスカイマークカウンターは、福岡空港のサイトを見てもわからないのですが、国内線第2ターミナルビルの1階、バス案内所や地下鉄とは反対側のJALとJTAのカウンタ一がある更にその先に代理店カウンタ一があります。その更に先にスカイマークカウンターはあります。

わかりやすく言うと、国内線第3ターミナルのバス乗り場側から見て左端の喫煙所前にスカイマークカウンターがあると思います。
第3ターミナル自体は到着口なので迷いがちですが、位置としては第3タ一ミナルであっていますが、繋がり的には第2タ一ミナルの右端と考えたほうが正しいという中途
半端な位置に存在しています。

また、福岡空港にはショッピングを楽しんだり、食べたり、くつろいだりするところが多く存在しています。施設はバリアフリーに対応していて、13箇所も搾乳室が用意されています。ベビーカーの貸出しや、お子様用トイレなどというものも揃っています。

くつろぎポイントとしては、国内線第2タ一ミナル3階のプラ一ナ福岡空港店、国内線第1タ一ミナル2階のリフレジャパン、第1、第2、第3タ一ミナルの各所に設置されているマッサージチェアでリラックスすることができます。またショッピングや食べる場所としては、そらもーるFUKUOKAで欲求を満たすことができると思います。土産物を買うならANA FESTA 1ビル店ではふくや明太子や黒糖ドーナッツ棒を購入することができます。

BLUE SKY 8番ゲ一トショップでは空スイ一ツ、辛子明太子、博多ラ一メンなどを購入することができます。
センカでは季節のフルーツを買うことができ、フルーツを取り扱っているのはセンカだけとなっています。
いそ玄では辛子明太子、いわし明太子、さんま明太子、肉まん、辛子高菜などを購入することができます。

食事をするなら、軽食・カフェであればWING Iで各種定食からカレーにサンドイッチなどを食べることができます。他にはWING IIやバンテルン福岡空港店、カフェ・ド・タブリエなど様々な店舗が入っています。麺類や寿司もあり、麺類であれば博多ラーメンちくぜん、博多空香らーめん、博多うどんはち屋などが軒を連ねています。寿司であれば、博多音羽鮨2ビル店や第一玉家すし2ビル店などの店舗が入っています。

他にも、中華、洋食、和食を楽しむことができます。
スカイマークのカウンターの位置を確認したら少し余裕を持って、そらもーるFUKUOKAを散策してみるのも良いかも知れませんね。